ABOUT

「匿名のものを扱うマーケット」を意味するショップです。 セレクトショップですが「ブランドを扱わない」のが特徴です。 店主である私、関がリスペクトするデザイナーの方にAnonymousの為だけのアイテムを製作して頂き、販売します。 それらのアイテムには製作を担当したブランドのネームは付かず、またショップのネームも付きません。 お客様には「どこのブランドのものか」ではなく「どのようなものか」でお買い物の判断をして頂きます。 その判断を助ける為に、どのようなストーリーで、どのような関係性を通してその「もの」が生まれてくるのか、をアイテム毎に追いかけたドキュメンタリーを公開していきます。 ブランドという判断基準を取り外してみる事で、新たなファッションとの出会いや楽しみ方が生まれる事を期待しています。 私はこのプロジェクトを通して、デザイナーの自由なもの作りを後押しできたら、と願っています。 Anonymousという場所がデザイナーたちにとって、一旦自分のブランドを離れ、新しい事、心の中でずっと温めていたアイディアを試すことが出来る実験場所(のようなもの)になったら良いなと思います。 最初の1年間は月ごとに1つのアイテムを発売する予定ですが、それ以外にも店主がセレクトしたAnonymousな「もの」を不定期に扱っていこうと思っています。年月を重ねるにしたがって、ブランドネームが付かない特別なアイテムが多く集まったマーケットのような存在を目指します。 Anonymous is a new shop, which means, “A market dealing with anonymous items.” It is a select shop, however, its feature is “Does not deal with any brands”. I ask my favorite respective designers to make exclusive items only for Anonymous. Those exclusive items are attached neither brand names nor shop’s original name. I would like customers to make their decisions to purchase by “How they are”, not by “Which brands they are”. To help their decisions, I show documentaries of background stories of each item to tell why, how and through what it was made. Why did I think of opening such a shop now? There are so many brands in the world nowadays, however, I feel that customers are confused and have lost appropriate ways to choose the brand. I decided to open this shop to wish costumers could have opportunities to find new styles of fashion and how to enjoy. Designers can be apart from their brands, so they can have somewhere like an experimental place to make what they have been keeping in their mind for ages or something new to try. Anonymous owes for all productions. I hope that I can assist their productions freely. I am planning to sell some anonymous “things” unregularly as well as producing 1 item par 1 month for the first year. Anonymous aims at being a market where sell many special items without brand names, as years go by. お買い物ページはこちら http://theanonymousmarket.com/